FC2ブログ
家づくりの楽しさを~燦建設工業㈱ 『燦燦日記』
住宅に関する情報、その他を公開
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水難の相
昨年から今年は、水道に関する事故が多かったです。


今回は、誰のせいでもなく経年劣化によるものでした。


某アパートの20●号室の方より、”台所の天井と壁から水が漏れてくる”


と、連絡があり、水が止まる様子もないようなので、上の30●号室にお電話しました。


部屋に戻って、至急確認してください!!!!


入居者は ”帰ってきたけど何ともないですよ~!”


どこだ??


そして、当社の管理が現地到着!
何と、やはり2階の部屋に水が常時流れている。


P1000325_convert_20140224163410.jpg
外を見たら、何と外壁側に謎のつららが!!

そして、3階の部屋に入って確認してもらったら、どうやらお湯の管から水が
流れる音がする!との事でした。


P2201253_convert_20140224163639.jpg
水道設備屋さんの出番です。
私と業者が行って、特定箇所を突き止める。
天井に耳を当て、壁にも耳を当て、原因箇所は何となくわかりました。


P2201263_convert_20140224163704.jpg
どうも、台所の壁から音がする!
さあ、壁を破ろう!


P2201264_convert_20140224163740.jpg

P2201267_convert_20140224163827.jpg
何と、写真の右側の木材が濡れているではないですか?!


P2201271_convert_20140224163922.jpg
配管を切断して、見てみると、写真では見えにくいですが、ピンホールでした。


P2201272_convert_20140224164004.jpg
つまり、小さな穴です。光でかざすとようやく見えるレベルです。
水道の水圧は結構な勢いなので、短時間であっという間にこぼれ落ちます。


P2201276_convert_20140224164114.jpg
新しい管と交換して、水を張って(水圧試験)、漏れない事を確認して終了。



本物件は、築20年以上の建物です。この位の建物になると、

水道管は注意をしなくてはなりません。

また、地域的に水質が悪い所になると、もっと早くに水道管に穴が開く事も

あります。ですが、水道管は壁、天井に隠ぺいされていまして予見は出来ない

のが実情です。運が良ければ30年以上たっても漏れないし、悪ければ10年も

しない内に漏れる事だってあるのです。

大家さんは、その為に住宅の保険に入ってください!

保険に入っていなかったら、全て実費負担です。

気をつけてくださいね!!


スポンサーサイト


プロフィール

燦ホーム

Author:燦ホーム
二級建築士  田中

住宅の設計・施工をする会社です。
札幌市中心に活動をしております。
オリジナルのすまいづくりを実現する為に、日々努力しております。
不動産情報や現場レポートを中心にお伝えします。
~事業内容~
【燦建設工業㈱】
・建築設計、施工
・リフォーム
【㈱サンホーム】
・不動産管理
・不動産売買、賃貸、媒介
***************
燦建設工業株式会社
株式会社サンホーム



Live Clock 函館

今の函館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



カレンダー(月別)

01 ≪│2014/02│≫ 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



カテゴリ



リンク

会社マーク2
  • 管理画面
  • このブログをリンクに追加する



    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    学問・文化・芸術
    7070位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    建築
    217位
    アクセスランキングを見る>>



    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking



    FC2カウンター



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    QRコード

    QR





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。