FC2ブログ
家づくりの楽しさを~燦建設工業㈱ 『燦燦日記』
住宅に関する情報、その他を公開
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スガ漏り
お客様より連絡あって、”1階天井裏から漏水する”と

急いで現地に駆け付け、天井裏を確認した所、少量だが

ダクトの塩ビパイプの外側につたって漏れていました。

お客様は、その下に洗面器で受けていました。



下屋でしたので、2階の窓より確認すると、雪がのっそり

のっかっていて、昼から屋根の雪を降ろそうと言って、お昼に

屋根の雪をおろしました。すると、ダクトカバー付近に

氷がはっていて、ハンマーで砕きました。そしてダクトカバーを

外してみると、何と谷コイルの中はプールになってました。

(下の層が氷で上の層が水になっていた。)

そして、排水口(ドレン)の中は完全に氷になっていて塞いでしまった

格好でした。


P2270911_convert_20130305132712.jpg
P2270912_convert_20130305132752.jpg
P2270913_convert_20130305132827.jpg
P2270914_convert_20130305132850.jpg

一生懸命、氷を割って排水口の中の氷を細長いドライバーで突っついて割りました。

排水は流れるようになり、漏水がおさまったみたいです。

雪捨て作業と氷割り作業で約1時間半でした。(2人で)

根本的な解決に繋がりませんが、スガ漏りの原因は、暖気と寒気の繰り返しで

解けてしまった流雪水が寒気で氷になり、その塞き止めした氷が排水口に流雪水が

流れる前に氷になる。この繰り返しが原因です。この暖気と寒気によるダクト内に

氷が張らないようにするには、小屋裏(天井裏)の断熱と換気が大切です。

この家は築35年で、天井裏の断熱はグラスウール(10cm)1枚のみでした。

そして塩ビ管(排水管)の廻りには保温されていませんでした。

この点を解決すれば、スガ漏りは防げると思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://kenchikuyasun.blog52.fc2.com/tb.php/94-3caa5c62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

燦ホーム

Author:燦ホーム
二級建築士  田中

住宅の設計・施工をする会社です。
札幌市中心に活動をしております。
オリジナルのすまいづくりを実現する為に、日々努力しております。
不動産情報や現場レポートを中心にお伝えします。
~事業内容~
【燦建設工業㈱】
・建築設計、施工
・リフォーム
【㈱サンホーム】
・不動産管理
・不動産売買、賃貸、媒介
***************
燦建設工業株式会社
株式会社サンホーム



Live Clock 函館

今の函館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



カレンダー(月別)

11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



カテゴリ



リンク

会社マーク2
  • 管理画面
  • このブログをリンクに追加する



    アクセスランキング

    [ジャンルランキング]
    学問・文化・芸術
    7070位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    建築
    217位
    アクセスランキングを見る>>



    FC2ブログランキング

    FC2Blog Ranking



    FC2カウンター



    検索フォーム



    RSSリンクの表示



    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる



    QRコード

    QR





    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。